統一教会 殺人事件も起きた日本人妻の悲劇 従軍慰安婦の過去があるからどんな韓国人と結婚させられても感謝しなければらない

国内 社会

  • ブックマーク

 全国霊感商法対策弁護士連絡会は、旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合/註)による霊感商法の被害者救済と被害根絶を目指している。結成は1987年と古く、安倍晋三元首相(享年67)が射殺された事件の影響で、再び大きな注目を集めている。(註:以下、「統一教会」と表記)。

 ***

 7月11日、統一協会の田中富広会長が会見を開いた。ところが、その内容が「あまりにも事実と反する」として、連絡会も翌12日に会見を開いた。

 テレビや新聞の報道で目にした方も多いだろう。会見には“二世信者”も出席し、苦難に満ちた半生を振り返った。担当記者が言う。

「この二世信者は女性で、衝立で顔などを隠し、プライバシーを保護して出席しました。女性は信者だった母親から信仰を強要され、“親孝行のため”に受け入れたそうです。そして1995年、21歳の時に合同結婚式に参加し、韓国人男性と結婚させられます」

 ニュースサイト「TBS NEWS DIG」は19日、「【記者会見の全容】『全国霊感商法対策弁護士連絡会』の会見 『夫からの暴力』『自己破産』旧統一教会の二世信者も出席し“苦悩”語る」の記事を配信した。

 女性は統一教会から、どんな国籍の男性であっても、どんなに相手の学歴が低くても、そして、たとえ経済的に難しい事情を持っていたとしても、《全てを神に預けて断っては決していけません》と事前に誓わされたという。

 結婚を強制された男性は韓国人。女性よりも2歳年下で、相手は当時19歳だった。

永住権目当ての夫

《家もなく、職もなく、親もない。そして学歴は中学中退という人でした。住むところがなかったので、教会に転がり込んできた男性でした。そのような男性が私のいわゆる主体者、永遠の伴侶としてマッチングされたわけです》

 信者以外の人なら誰もが、こんな結婚はうまくいくはずがないと思うだろう。おまけに韓国人の夫は、《気に入らないことがあると私のことを殴る人》だったというから論外だ。

 二世信者の女性は離婚を希望したが、母親にも統一教会にも止められた。長い間、苦しんでいたが、夫が《日本での永住権欲しさに統一教会を利用した》ことを知るに及び、別れる決心がついたという。

 母親も、暴力を振るう夫を当たりにして、ようやく離婚を認めた。だが、洗脳状態にあった女性は、《罪悪感が生まれましたし、私は天国に行けないんだな》と考えていた。

 女性は再婚するため“再祝福”、つまり2度目の結婚を選ぶ。その際、日本と韓国とでは必要な献金額が違うことに気づいた。日本の統一教会は140万円を要求してきたが、韓国の場合は14万円だった。

次ページ:「日本人女性と結婚できる」

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/5ページ]