尹錫悦は「シャングリラ」で従中の馬脚を現した 後は「キシダ」を騙すだけ

  • ブックマーク

 アジア安全保障会議(シャングリラ会合)で尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権の米中二股外交が鮮明になった。『韓国民主政治の自壊』(新潮新書)を上梓した韓国観察者の鈴置高史氏が新政権の「親米従中」を読み解く。

日米韓の軍事訓練が復活?

――日米韓の3カ国が共同軍事訓練を再開します。

鈴置:そう報じられましたが、過大評価すべきではありません。韓国が本気で海洋勢力側に戻ったわけではないからです。

 6月11日、シンガポールで開催されたシャングリラ会合に参加した機会を生かし、日米韓の国防相が会談しました。ミサイル発射を繰り返し、核実験再開をほのめかす北朝鮮を牽制することで3カ国は合意しました。

 防衛省が発表した「日米韓防衛相会談共同声明」(2022年6月11日)から「共同軍事訓練」部分を引用します。

・3か国の閣僚はさらに、3か国によるミサイル警戒及び弾道ミサイル探知・追尾訓練の実施及び北朝鮮による弾道ミサイル発射に対処するための3か国によるさらなる活動を具体化することにコミットした。

 日本のメディアは「日米韓が対北牽制でスクラムを組む」とのノリで伝えました。日経・電子版の見出しは「対北朝鮮ミサイル訓練再開 日米韓防衛相、台湾にも言及」(6月11日)でした。

 当然のことながら、共同声明の中身は米国防総省の発表(英語)韓国国防部の発表(韓国語)ともに同じです。しかし、発表直後から韓国の「サボタージュ」が始まりました。

 李鐘燮(イ・ジョンソプ)国防部長官が韓国メディアに「共同訓練は実施訓練ではない」と強調したのです。聯合ニュースの「韓米日3国国防長官会談…ミサイル警報訓練・追加措置を論議(総合)」(6月11日、韓国語版)を引用します。

・彼[李鐘燮長官]は「韓米日軍事訓練に関しては包括的な水準で論議した」とし「ミサイル警報訓練や弾道弾追跡・監視(訓練)などに対し具体的な話をした」と説明した。
・しかし李長官は、各国の兵力を1カ所に集め動かすという3国の共同軍事訓練に関しては「韓米軍事訓練と韓米日軍事訓練は異なる」と述べ「別に接近せねばならない」と線を引いた。

「3NO」で金縛りの尹錫悦

――日本を含む共同の実地訓練はしない、と宣言したのですね。対北圧力を弱めるような発言をなぜするのでしょうか?

鈴置:中国の顔色を見たのです。韓国は文在寅(ムン・ジェイン)政権時代に中国との間で「3NO」(三不)を約束しました。基本的には在韓米軍基地へのTHAAD(地上配備型ミサイル防衛システム)配備をこれ以上認めない、との誓約ですが、「日米韓の3国同盟につながる動きもしない」とも約束しているのです。

 尹錫悦政権に左派政権が約束した「3NO」を破る度胸はありません。当選直後から「韓米日の共同軍事訓練はしない」と表明しています(「『米国回帰』を掲げながら『従中』続ける尹錫悦 日米韓の共同軍事訓練を拒否」参照)。

 だから「北朝鮮の核実験は今日か明日か」という煮詰まった状況になった今でも、3国共同声明に冷や水をかける発言をするのです。

 今回の会談でもL・オースチン(Lloyd Austin)米国防長官から3カ国の軍事協力の強化に応じるよう圧力をかけられたでしょうが、それにも屈せず中国にゴマをスリ続ける……。保守政権になっても「韓国の従中」には変化がないことが明らかになりました。

次ページ:IPEFと同じ「裏切り」

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]