岸防衛相の体調不良を岸田首相は見て見ぬふり…安倍家と岸家のややこしい事情もあるので

国内 政治

  • ブックマーク

 5月15日、沖縄の本土復帰から50年を迎え、岸信夫・防衛相(63)の発言が注目された。一方、永田町では、岸大臣の“健康問題”にも高い関心が持たれているという。

 ***

 岸大臣は13日に会見を開き、「沖縄の皆さんに大きな基地負担をかけている状況は到底是認できるものではない」などと発言。多くの大手メディアが報道した。

 5月3日から6日にかけては訪米し、ロイド・オースティン国防長官(68)と会談。ウクライナ情勢について意見を交わしたほか、北朝鮮や中国の問題についても話し合った。

 ロシア軍がウクライナに侵攻し、北朝鮮はミサイルの発射を続けている。防衛相の言動が大きく報じられるのは当然だろう。

 しかし永田町では、岸大臣は「別の事柄」で秘かな話題になっているという。担当記者が言う。

「話題になっているのは、岸さんの健康問題です。昨年9月に『週刊ポスト』が報じ、『週刊文春』も3月に記事を掲載しました。どちらも歩行が困難という内容です。大臣が激務であることは言うまでもありませんが、特に防衛相はロシアや北朝鮮と対峙する責務があります。他の大臣以上に心身をすり減らすポストと言われています」

「#足なんて飾りです」

 野党が虎視眈々と見ているのは、ある意味で当然だ。しかしながら、与党の自民党からも「岸さんの本当の病状はどうなんだ? このまま大臣を続けられるのか?」と心配する声が出ているという。

 週刊ポストの記事は、ネットでも配信されている。NEWSポストセブンは2021年8月31日、「岸信夫・防衛相『歩行に支障』の健康問題浮上 よぎる兄のトラウマ」を掲載した。一部をご紹介しよう。

《公用車で防衛省を出た岸氏は都内の鍼灸院へ。車を降りると、膝をかがめ、お腹をかばうように前屈みになってよたよた歩き出した。車のトランクに手をついて体を支える場面もあった。何かあれば支えられるように、SPが心配顔で後ろをついていく。相当重症のようだ。8月13日、靖国神社を参拝したときは、岸氏は右手で杖をついていた》

 ところが、この報道に異を唱える“著名人”も現れた。

「作家でタレントの乙武洋匡さん(45)です。同日、Twitterに『スタスタ歩けないと大臣は務まらないのでしょうか』と投稿。更にアニメ『機動戦士ガンダム』のセリフを引用し、『#足なんて飾りです』、『#偉い人にはそれがわからんのです』とハッシュタグを加えました。すると賛同の声が多数、ツイートされたのです」(同・担当記者)

次ページ:報道には異論も

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]