軽い気持ちで不倫したら、妻も“仕返し”で不倫のてん末… 41歳男性が語った「覚悟」

  • ブックマーク

 軽い気持ちで不倫をしてしまい、妻にバレたとき、妻が意外なほど傷ついていることに自らも傷ついたという男性がいる。再構築を目指して一念発起、心のどこかで「もう許された」と感じていたのだが、事態は新たな展開へ。今、新たな迷いの中にいる男性に話を聞いた。【亀山早苗/フリーライター】

 ***

「仕返しというわけではなかったと妻は言っています。その言葉は信じたい。この5年間は何だったのかという思いはありますけどね」

 坂巻信博さん(41歳・仮名=以下同)は、消え入りそうな声でそう言った。数ヶ月間、迷い、悩み、苦しんできたがいまだ覚悟は決まらない。

「でももう、妻は妊娠8ヶ月に入ろうというところです。迷っていても悩んでいても、子どもは生まれてきてしまう。覚悟を決めるしかない。そのために話したいと思って来たんです」

 そう、信博さんの妻・凌子さん(38歳)は、第二子を妊娠中。だが、お腹の子の父親は信博さんではない。

忘れられない初デート

 ふたりは結婚して8年。6歳の娘がいる。知り合ったのは信博さんが会社から派遣された社外研修だった。彼女も同様に勤め先から来ていた。

「3日連続の研修だったんです。僕、初日に遅刻しそうになって会場に飛び込んだところで彼女にぶつかってしまった。そしてぶつかっておきながら自分で彼女を支えたために転がりかけて……。初日からみんなに笑われましたが、あとから『あれで和んだよね』と妙に褒められたりして。研修ではずっと笑われキャラでした」

 そのぶつかった彼女が凌子さんだった。隣同士に座ったふたりは研修の合間に言葉を交わすようになった。3日間の研修が終わった日、みんなで飲み会をしたのだが、その帰りに凌子さんから告白された。

「その積極的な言動にびっくりしました。『信博さんのことが好きになりました。つきあってもらえませんか?』と。まっすぐ目を見て言われてドギマギしてしまいました。彼女はちょっとクールに見えて天然のところもある。おもしろい人だなと思っていたから、断る理由なんてありませんでした」

 ちょうどその少し前につきあっていた彼女に振られたばかりだった。もう恋なんてできないという落ち込みから回復したところへ、タイプの女性から告白されて、信博さんは有頂天になった。

「初デート、今でも覚えています。彼女に食事に行こうと言ったら、『何か刺激的なことを一緒にしてから食事しましょうよ』って。え、何言ってるのと思ったら、彼女が指定してきた待ち合わせ場所はバッティングセンター。なんだ、と思わず言ってしまった。茶目っ気があるというか人をびっくりさせるのが好きな女性でした」

 さらにびっくりしたのはバッティングセンターでの彼女の“成績”だ。100キロ級の速球をがんがん打ち返し、ホームランとなったことも。野球は経験がないが、ストレス発散にバッティングセンターに来ているうちに打てるようになったと笑った。

「僕はなかなか打てなかったけど、彼女にコツを教わり、少し当たるようになりました。楽しかったですね。最初のデートとしては定番ではないかもしれないけど、一気に打ち解けたような気がします。ふたりとも汗みどろになってしまったので、『しゃれたレストランはやめましょう』と彼女が言い出し、煙もうもうの焼き鳥屋に行きました」

 彼女は豪快に飲み、しゃべり、笑った。とにかく楽しくて気持ちのいい時間だったと彼は振り返る。この人ともっと時間を共有したい。もっと彼女のことを知りたい。気持ちが高まっていき、つきあって3ヶ月目には同棲、半年目には婚姻届を出した。

次ページ:子宝にも恵まれ

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]