「K防疫のまやかし」から韓国人は目覚めるか 幼いナショナリズムが生む国家の蹉跌

  • ブックマーク

 世界一のコロナ対策と韓国人が誇ってきた「K防疫」。そのお膝元で感染者が急増、12月には医療崩壊も始まった。なぜ、国民こぞって「まやかし」を信じてきたのか――。韓国観察者の鈴置高史が解説する。

自画自賛の文在寅に怒りが集中

鈴置:韓国紙が社説で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領自慢の「K防疫」批判に乗り出しました。コロナの感染者が急激に増え、入院できずに自宅で死亡する患者が相次いでいるからです。

 保守系紙、朝鮮日報の社説「文は『1万人に備え』と言うが、感染者が5000人を超え『医療崩壊』の危機に」(12月6日、韓国語版)から引用します。

・専門家は政府のワクチン政策失敗が今の危機状況を作った可能性を提議している。我が国と日本はワクチン接種完了率で大きな差はないが、ファイザーとモデルナ中心に接種した日本は1日の新規陽性者は100人前後に抑制されている。
・半面、我々が初期に主に接種したアストラゼネカ(AZ)製ワクチンは接種して10週以降は感染予防の効果が急速に落ちることが確認されている。初期のワクチン確保競争に出遅れたために陽性者数が急増した可能性があるということだ。
・抜け殻だけ残ったK防疫の実態が明らかになっているというのに、文大統領は機会があれば「K防疫をはじめとする大韓民国の位相がたいそう高まった」と自画自賛を繰り返す。
・そして大統領が大声を出した直後に防疫が苦境に陥ることが繰り返されてきた。口では自信があると言いながら、この状況になるまで何をしていたのか。

――文在寅大統領はいまだにK防疫を誇っているのですか?

鈴置:最近では11月21日――陽性者数が急角度で増え始めた時に、K防疫を自らの実績として掲げました。その無神経さに韓国人が怒りだしたのです。

 中央日報も社説「一拍遅れた防疫強化、オミクロンを抑えられるか」(12月4日、韓国語版)で「1日の新規陽性者が3000人を超えた時点で文在寅大統領は『国民との対話』に出演し、K防疫の成功を自画自賛した」と呆れて見せました。

日本人よりも優秀な韓国人

――保守系紙は「K防疫」攻撃に乗り出しますね。

鈴置:そこが微妙なのです。もちろん、文在寅政権の防疫失敗や自画自賛は非難するでしょう。でも、K防疫そのものは批判しにくい。なぜなら、「K防疫」という言葉には政府の手柄だけではなく、「韓国人一人ひとりが優秀である」との含意もあるからです。

 下手にK防疫を批判すれば、「自分たちは世界に冠たる民族だ」と信じる国民を敵に回してしまう。だから朝鮮日報などは大統領の傲慢さや、ワクチン獲得の失敗に攻撃の対象を絞っているのです。

 K防疫の皮切りは「検査数が日本よりも多い」ことでした。2020年2月下旬、韓国で新型コロナの感染者数が激増、たちまち中国に次ぐ世界2位に躍り出ました。

 巨大クラスターが発生した韓国第4の都市、大邱では医療崩壊が起きました。病床不足で入院できずに死亡したコロナ患者や、単なる肺炎だったのにコロナと疑われ入院を断られて死んだ人も出ました。そんな状況を見て、世界中の国が韓国からの入国を禁止・制限し、3月9日には100カ国を超えました。

「世界から除け者にされた」とショックを受けた韓国人は「入国を制限する国の数で日本に負けたのは、日本がインチキをしているためだ」と言い出しました。感染者数は本当は日本の方が多い。しかし、東京五輪を控えた日本が敢えて検査をしないで感染者の増加を隠蔽しているのだ――とのロジックでした。

 一方、文在寅政権は「習近平訪韓を実現するため中国からの入国を規制しなかった」と非難され、保守派は弾劾の準備まで進めていた。そこで、この政権が危機を打開するために利用したのが「検査能力の高い韓国」という神話でした。

 青瓦台(大統領府)のサイトには毎日、検査件数を載せました。そこには日本とイタリアのデータも並べ「韓国は日本の10倍以上も検査している」と胸を張ったのです。

 政権は自分の手柄として検査数を誇ると同時に「検査キットをいち早く開発した我が国の中小企業」も称賛し、民間にも花を持たせました。

次ページ:米国でお墨付きのK防疫

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/5ページ]