永田町で話題、500ページ超の「自民党幹事長列伝」のナゾ 採算度外視の本が作られた背景は

国内 政治

  • ブックマーク

 近頃、永田町で話題になっている『自由民主党幹事長列伝』と題された一冊の本。“ご大層なモンが出たぞ”と評判になった通り、533ページにも及ぶ本書は、横22×縦30センチほど、重さ2キロ超とサイズも重量も“規格外”である。

 政治部記者によれば、

「初代の岸信介から二階俊博まで、52代にわたる自民党幹事長の業績を、図表や貴重な写真入りで網羅的に解説。表紙と同じ、金の箔押しがされた濃紺の外函付きという豪華特装本で、先の衆院選を前に、自民党に所属する議員の事務所などに配られたそうです」

 この「列伝」を開いてみると、発行者は「幹事長列伝編纂委員会」となっている。発行日は「2021年9月30日」とあるものの「非売品」ゆえ、書店での購入はできない。

「出版社名も書かれていないこの本を巡っては“衆院選対策のために党が刊行した”とか“二階さんが自身の幹事長卒業を記念して”とか、さまざまな臆測が飛び交っていました」(同)

 ところが、自民党幹事長室に経緯を尋ねたところ、

「これは自民党が刊行したものではありません」

 と、予想外の回答が――。

次ページ:誰が作ったのか

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]