立川談志の長男が語る父の意外な素顔 「ハチャメチャな一方、根は純粋で真っすぐ」

エンタメ

  • ブックマーク

 型にはまらぬ物言いと、破天荒な振る舞いで知られた落語家・立川談志の死から10年。その人気はいまだ衰えず、11月21日の命日を前にして、複数の関連書籍や未公開音源などの発売が相次いだ。

 そんな不世出の噺家の長男で、一時はマネージャーも務めた松岡慎太郎氏(55)に話を聞いた。

「父は10年を経たいまでも、整理し切れないほどのものを遺しました。世の中から談志の記憶が薄らいでいく中、新たな談志像を知ってもらえればと世に出すことにしました」

 命日当日には、談志自身の自撮り映像や慎太郎氏が撮影した、通算千時間にも及ぶ未公開映像を元にしたドキュメンタリー番組も放送されている。

「本人から“俺を撮っておけ”と言われたのがきっかけで、結局、亡くなるまでの12年にわたって撮り続けました。“チャップリンの作品は残っても、彼のプライベートな記録は少ない。だから、俺が家でくつろいだりしているプライベート映像は貴重なものになるぞ”というわけです。千時間も必要なかったかもしれませんが、当時は撮影していて楽しかった。いま見返すと、我が父ながら、もの凄いエネルギーがあったと感じます」

次ページ:「根は純粋で真っすぐな人」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]