日本は敵性国家…韓国大統領選、文在寅“後継候補”の信じ難き「ド反日語録」

国際 韓国・北朝鮮

  • ブックマーク

 日本に「反韓」感情があるかはさておき、韓国国内には間違いなく「反感」が存在するようだ。失政により国民の支持を失った文在寅(ムンジェイン)大統領。有権者の心を取り戻すための伝家の宝刀といえば……。

 ***

「日本は完全な友好国なのか」

「(朝鮮半島ではなく)日本が分断されるべきであった」

 このセリフが、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)総書記が吐いたものだとすればまだ分からなくはない。しかしこれは、日本と同じ「自由主義陣営」であるはずの国の政治家による言葉なのだ。しかもその発言の主は、あの「反日大統領」として名高い文在寅氏の後継者で……。

 11月16日、韓国の金昌龍(キムチャンリョン)警察庁長官が竹島に上陸。またしても韓国の文政権が「反日」攻勢をかけてきたのだ。

「到底受け入れることができず、韓国側に強く抗議しているなか、共同記者会見を実施することは不適当と判断した」

 早速、松野博一官房長官はこうコメントした。韓国の高官による竹島上陸を受け、日本は上陸翌日に予定されていた日米韓外務次官による共同記者会見を拒否したのである。普段は発信力を微塵も感じさせない地味な松野長官だが、この日ばかりは彼の言葉に説得力が漲(みなぎ)っていた。

 言わずもがな、竹島は日本固有の領土である。その地を韓国の高官に蹂躙(じゅうりん)されながら、何事もなかったような顔をして、互いの外交担当者が「日韓友好」を演出する場に、のこのこと日本側が出て行く謂(いわ)れはどこにもない。ゆえに当然の会見拒否といえる。

「政治的行為であったことは明白」

 それにしても戦後76年、一体いつまで文政権は反日を続けるつもりなのだろうか。

「今回の竹島上陸が『政治的行為』であったことは明白でしょう」

 こう解説するのは、龍谷大学の李相哲教授だ。

「表向きは、僻地の竹島に勤務する職員への激励が目的だったとされています。しかしそうなのであればなぜ、今回の竹島上陸が事前に韓国メディアにリークされたのでしょうか。何らかの『政治的意図』があったとしか考えられません」

 確かに、外務次官会見が翌日に控えている日に“偶然”、韓国の高官が両国の懸案となっている竹島に上陸したと考えるのは無理があろう。しかも、

「竹島に上陸した金長官は、昨年7月、異例の抜擢で現在のポストに就いています。彼は、盧武鉉(ノムヒョン)政権時代に大統領府で文氏の部下として仕えていた過去がある。つまり金長官と文氏は、単に面識があったというレベルではない親しい関係にあるのです。そんな金長官が、文政権の思惑と関係なく竹島に上陸するはずがない」

 要は「一警察庁長官」ではなく、「文政権」の意向が体現されたのが今回の竹島上陸だったというわけだ。そしてその背景にあるのが、来年3月に迫る韓国の大統領選だ。

次ページ:野党が圧倒的有利

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]