山口壯環境相に公選法違反疑惑 「温泉ホテル接待」で利益供与、事務所は請求書に“小細工”

国内 政治

  • ブックマーク

懐石料理と飲み放題の宴会

 疑惑のセミナーが開かれたのは19年11月16日。山口大臣の選挙区にある兵庫県内のホテルだった。部屋やテラスから瀬戸内海の絶景を見下ろすことができ、周辺を観光するならうってつけのリゾートホテルだ。

 地元政界関係者が言う。

「当日は『山口つよし政治アカデミー』と銘打たれ、土日にわたり1泊2日で開かれました。参加者は50名強で、ほとんどが選挙区内の有権者でした。初日は13時から16時まで、マスコミ幹部やゲストの国会議員の講演がありました」

 問題はここからである。

 講演が終わると、参加者は皆で先の東京パラリンピックで注目された「ボッチャ」という、ボールを使ったスポーツに興じた。

 その後は懇親パーティー。参加者はホテルの宴会場に集い、懐石料理に舌鼓を打ったのだ。

 参加者によれば、

「和食のコースですね。最初のお膳に小鍋や前菜が乗っていて、その後、お刺身や揚げ物、茶わん蒸しなどがきました。結構ボリュームがあったと思います。飲み放題で、瓶ビールや焼酎、ワインもあり、お酒はバリエーションがありました」

 別の参加者も、

「夕方以降はずっと飲んどったな。1次会からよう飲んだわ。かなり酔っぱらっていたな」

 と、相当の量のお酒が提供されたことを窺わせる。宴会が終わると、ホテル内の別の部屋に移動し、2次会となった。

「畳の部屋に小さなテーブルがあって、30名くらいの参加者が座布団の上で車座になっとった。2次会でも飲み放題やったで。缶ビール、ウイスキー、焼酎、レモンサワーなど、1次会よりもフランクな感じやったわ。山口さんは二階派に所属するので、二階事務所がかつて記念に作った『新しい波』という梅酒まで振る舞われたわ。みんな相当酔ってたで」(同)

次ページ:有権者への利益供与の疑い

前へ 1 2 3 4 次へ

[2/4ページ]