潜在能力は金子恵美以上……政界引退の「山尾志桜里」をテレビ局が絶対使いたい思惑

国内 政治

  • ブックマーク

 10月31日の投票日に向け、世間は選挙モードに突入している。そんな中、今回の選挙には立候補せず、政界引退を決めたのに、テレビマンから注目されている人がいる。国民民主党の山尾志桜里氏(47)だ。元政治家コメンテーターとして、早くも“当選確実”なんだとか。問題はご本人のやる気次第というのだが――。

 ***

 山尾氏といえば、小学校6年の時にミュージカル「アニー」の初代アニーを務めたタレント性、そして美貌の持ち主であり、東大法学部卒業後は司法試験に合格して検察官になった才媛でもある。才色兼備の彼女を政界に招いたのは民主党だった。2009年の衆院選で愛知7区から出馬して初当選。12年は選挙区のみならず比例復活もかなわず下野するも、14年に返り咲き、17年には3期目の当選を果たした。

“ヤメ検”らしい舌鋒鋭い国会質問や憲法問題などで働く姿が注目される一方で、不倫騒動や政治資金問題、議員パス不適切使用など数多のスキャンダルに見舞われた。

 引退を発表した彼女は多くのインタビューに答えているが、誰もが思うのは、なぜ辞めるのかということだ。スキャンダル報道のせいなのか、そのため当選できないと思ったのか。

山尾:報道がどうとか、当落の可能性で自分の行く末を決めることは既にやめている。自分がどの立場で社会貢献するのがベストかということで決めた。(時事通信・9月20日付)

山尾:それが原因なら週刊誌報道が出た前回選挙で辞めた。当落の可能性では判断していない。(朝日新聞・10月15日付)

菅野志桜里で再スタート

 もっとも、前回の選挙の時とは違って、不倫相手の元妻の自殺、自身の元夫から損害賠償請求訴訟を起こされるなど、状況はより深刻化している。では、引退後は何をやるのかと問われると、

山尾:私自身、悪名も含めてある程度の知名度を持った状況で思うのは、しょせん知名度は「箱」。ごみを入れればごみ箱、宝石を入れれば宝石箱になる。中身や発信の内容で勝負をしていきたい。国会の外に出たら「山尾志桜里」をやめて、本名である「菅野(かんの)志桜里」として、自分らしい活動をスタートしたい。(朝日新聞・9月2日付)

山尾:世代交代が来るのを待つ受け身の議員もいますが、私はこのまま議員で居続けるのではなく、「外から永田町の空気を変えたい」と思いました。安全保障政策も含め、自由に議論しあえるプラットフォームをつくり、改憲を目指す。そんな「令和の自由民権運動」をやりたい。(夕刊フジ・9月3日付)

 具体的に何をやりたいのかピンとこないが、そこに目を付けているのがテレビマンだ。民放ディレクターが言う。

次ページ:豊田真由子の可能性

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]