事件現場清掃人は見た 天井近くまで積み上げたDVDの上で孤独死した「40代男性」

国内 社会 2021年10月12日

  • ブックマーク

2トントラック2台分のDVD

 驚いた高江洲氏は、不動産会社に事情を聞いてみた。

「亡くなった男性は、元々IT企業に勤めていたそうです。ところが精神を患って、退社したといいます。その後個人事業主となって、自宅で仕事をしていたようです。業務用コピー機があったことから、DVDをコピーして販売していたのかもしれません。レンタルDVDなどを違法にコピーしていた可能性もありますね」

 高江洲氏は、大量のゴミを梱包して、トラックに積んでいった。

「DVDだけで、2トントラック2台分の量になりました。ゴミの山を撤去していくと、蒲団を発見しました。最初は蒲団の上で寝ていたのでしょう。それが、DVDやハードディスクで覆われるようになって、いつの間にかDVDの上で寝るようになったと思われます」

 キッチンには、コンビニ弁当の容器などの生活のゴミが山積みになっていたという。

「こんな状態の部屋でも、亡くなった方は日常生活を送っていたんです。もっとも、劣悪な環境のために、体調を崩し、若くして亡くなったと思われます。毎日DVDの上で、何を思いながら寝ていたのでしょうか。そう考えると、なんだか切なくなりました」

デイリー新潮取材班

2021年10月12日掲載

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]