日本人初の金メダリスト「織田幹雄」のストイックさに見る「スポーツ選手の理想像」の変化(小林信也)

  • ブックマーク

 史上最多27個の金メダルに沸いた東京五輪。私は「30個は確実。最多37個は獲れる」とテレビ番組で予想した。その数字に届かなかった理由は明快だ。

「桃田賢斗、奥原希望、バドミントン女子ダブルス、内村航平、瀬戸大也、柔道混合団体、大坂なおみ、松山英樹、楢崎智亜、森ひかる、清水希容、中村輪夢ら、本命といわれた多くの選手が苦杯をなめたのだ」...

記事全文を読む