結婚20年の妻が突然の駆け落ち不倫… 苦悩の夫が語る「まさかの相手」と「疎外感」

  • ブックマーク

Advertisement

 これまで「不倫をする男たち」を書いてきたが、今回は番外編。妻が不倫をして駆け落ちしてしまった話である。妻の不倫というだけでも夫にとっては「まさか」という思いだったようだが、相手を知って2度びっくりしているという。

 都内で飲食店を営んでいる坂本宏一さん(52歳・仮名=以下同)は、2年前に家出した妻・遙香さんの居場所を今も知らない。ただ、元気でいることだけはわかっている。妻が突然いなくなったのは、結婚して20年たったときだった。

 27歳で知り合ったとき、宏一さんは会社員だった。同期の友人から「人数あわせのために合コンに来てほしい」と頼まれた。合コン自体は好きではなかったが、頼まれると断れない性格なので渋々参加、そこで3歳年下の遙香さんに出会った。

「たまたま隣に座ったので、世間話をしていたら、彼女も人数あわせで渋々参加したんだそう。オレもだよと笑って、なんだかこの人と気が合うなと思っていました。彼女もそう思ってくれたようです」

 二次会に行くと盛り上がる同僚を横目に、遙香さんを見ると帰りたそうにしている。「帰りますか」と声をかけるとほっとしたように笑った。駅まで一緒に歩きながら、「すぐ近くにおいしいコーヒーを出す店があるんだけど寄りませんか?」と言うと彼女の顔が輝いた。無類のコーヒー好きだという。宏一さんもそうだったので、珈琲店ではマスターも交えて話に花が咲いた。

 それからつきあい始めて3年後に結婚。きっかけは遙香さんの妊娠だった。

「僕はもっと早く結婚したかったんですが、遙香は『めんどうだから、このままでいい』と言っていました。女性は結婚したがるものだと思っていたから、意外な反応に驚きましたね。遙香は“女性とはこういうもの”という僕の固定観念をぶち破った人でした。そこが魅力だったんです」

 夫婦は共働きしながら娘を育てていった。ふたりは「親になっても恋人同士でいたい」と一致、子どもがいても名前で呼び合い、馴れ合いになるのを避けた。

次ページ:33歳の決断

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]