25歳“硫酸男”の正体 実は静岡の大学に編入した現役学生。両親は他界し実家でひとり暮らし

国内 社会 2021年8月28日掲載

  • ブックマーク

 当初、職業不詳と報じられていた“硫酸男”は、現役の大学生だった――。東京・港区の地下鉄駅構内で知人男性(22)に硫酸をかけて怪我を負わせた容疑で指名手配されていた花森弘卓容疑者(25)が、逃亡先の沖縄県で確保された。ここ数年で相次いで父母を亡くし、孤独を深めていたという男を凶行へ向かせたものは何だったのか。

 ***...

記事全文を読む