白金高輪駅の硫酸事件で被害男性は失明危機、実行犯が赤坂見附駅から追いかけた理由は?

国内 社会 2021年8月26日掲載

  • ブックマーク

22歳の男性をターゲットに

 8月24日午後9時ごろ、港区の東京メトロ白金高輪駅で発生した「硫酸事件」。都内在住の会社員の男性(22)と女性(34)が顔や足などに火傷をし、病院に搬送された。被害男性は全治6ヶ月の重症で、現場から逃走した男を警視庁は傷害容疑で公開手配し、その行方を追っている。...

記事全文を読む