「小田急刺傷事件」容疑者が勤務していたパン工場は“地獄のバイト先”で有名だった

国内 社会 2021年8月11日掲載

  • ブックマーク

「人を殺せなかったのが悔しい」「勝ち組の女性を殺したかった」。小田急線の乗客10人を刺傷後、反省のない供述を繰り返している対馬悠介容疑者(36)。記者たちの間では、彼が最後に働いていた勤務先が話題になっているという。

 ***...

記事全文を読む