難病患者が遠隔操作で接客する「分身ロボットカフェ」 日常会話も楽しめて女性に人気

ビジネス IT・科学 2021年7月12日掲載

  • ブックマーク

 難病や障害のために外で働くことができない人が、自分の分身となるロボット「OriHime」(以下、オリヒメ)を遠隔操作し、店員として接客するユニークなカフェが6月21日オープンした。東京・日本橋の「分身ロボットカフェDAWN ver.β(ドーンバージョンベータ)」である。すでに7月下旬まで、席は予約で埋まっているという。

 ***...

記事全文を読む