不貞の妻が証言「スマホ不倫」偽装工作の実態 夫にバレないスゴ技、「ラブホ合コン」に励む猛者も

国内 社会

  • ブックマーク

 どれだけ密を避ける生活を求められようと、男女の「秘密」の関係を押し止めることはできない。スマホという新たな出会いのツールを得て、妻たちは夫の知らぬ間に深みへとはまっていく。女性の恋愛事情に詳しい夏目かをる氏がリポートする「スマホ不倫」の実態。

 ***

 SNSが浸透するにつれて、不特定多数の人と瞬時に繋がることができるようになり、男女の関係もまた、SNS時代ならではの様相を帯びてくる。数年前から“妻”たちに浸透した「元カレ症候群」は、SNSによって加速していった。これは〈かつての交際相手が忘れられず、新たな恋や、現在の結婚生活に満足できない、あるいはときめかない〉ことを指す。

 きっかけは1990年代後半に、小室哲哉プロデューサーに導かれて一世を風靡した華原朋美の芸能界復帰。かつて「現代のシンデレラ」と称された華原だったが、小室と破局すると、度重なる奇行が原因で事務所から契約を解除されるなど、一時は再起不能と言われた。愛する人と別れてから転落する華原に、多くの妻たちの心が揺さぶられたのは、“昔のカレと、輝いていた私”を思い出すからだろう。

 彼女にエールを送る妻たちは、結婚生活で満たされない自分自身の心情を重ねているのだ。

 すらりとした長身に、肩までかかる艶やかなヘア。清楚な装いの主婦・真由美さん(45)=仮名=は、フェイスブックで元カレと繋がったことにうきうきしている。大学時代に付き合っていた有村さん(47)=仮名=からメッセンジャー(フェイスブックのメール)が届いたのだ。

 彼と知り合ったのは25年前。都内の女子大に在学中の真由美さんが、同級生に誘われて遊びに出かけた有名私大の学祭で出会い、グループ交際から、次第に二人きりでデートする関係になった。

 映画観賞や読書が趣味でインドア派の真由美さんとは正反対に、有村さんはダイビングやスキーが好きなアウトドア派。彼の影響でダイビング教室に通った真由美さんは、ライセンスを取得すると夏休みには沖縄で一緒に楽しむようになったという。

「でも、彼が、実家の家業が傾いたことで卒業と同時に地元に戻ったんです。最初の頃は遠距離恋愛をしていましたが、私が都内の企業に就職すると自然消滅してしまいました」

 彼のことは、大学時代の思い出として心の中に大切にしまっておこうとした真由美さん。27歳で外資系企業に転職したが、成果主義の企業体質に疲れて体調を崩し、退職してしまう。

「知人の紹介で7歳年上の経営者とお見合いしました。31歳で結婚してからは目黒区に住んで、夫の会社の事務を手伝うように。でも、長男を出産した頃に夫の浮気がわかり、いまだに複数の女性と関係があります。そのせいで精神のバランスが崩れて心理カウンセラーのもとに通うようになり、5年前からは寝室を別々にしています」

女友達の名前で登録

 夫の浮気に悩まされてから約10年。子育てに専念したが、長男の海外留学が決まると、結婚生活に対する虚しさがどっと噴き出してきたという。

「そんな時に有村くんからメッセンジャーが届いたんです。家業をたたんでサラリーマンになった彼が、出張で上京することになって23年ぶりにランチを楽しみました。彼には妻子がいますが、相変わらず快活な彼に、昔に戻ったような“デジャブ”を感じて、ときめきました。彼と一緒にいると、当時の自分を思い出して新しいことにチャレンジしたくなるんです」

 それから、彼の出張のたびにランチをするようになり、一夜を共にしたのは再会してから半年後のことだった。夫が愛人同伴でゴルフの一泊旅行をした際、彼がたまたま上京したのだ。

「ところが、緊張のせいか彼は私を抱けませんでした。しかも、“君はとても大事な人なのに”と言って、ホテルに誘ったことを謝るのです。それからぎくしゃくして音信不通となりました」

 落胆した真由美さんだったが、1年後に勇気を振り絞って元カレに再会を促した。ひとり息子が留学して夫婦だけで暮らすようになると、夫は真由美さんの前でも構わず、食事中に愛人からかかってきた電話をとるようになったのだ。

「元カレにラインで“助けて”とSOSを出したんです。“私を一人の女だと認めてくれるだけでいいの”とお願いしました」

 ほどなくして、真由美さんは元カレと男女の関係になったという。

「いまもラインでやりとりを続けています。もちろん、フェイスブックでは“友達”にしていません」

 元カレとの恋はひっそりと継続している。

 SNSがもたらす秘密の恋――。それを守るため、妻たちはさほど努力していないようだ。なぜなら、夫が妻の変化に疎いからだ。

「ヘアスタイルを変えても、流行の装いをしても、夫は気づかないんです」

 夫の無関心と鈍感さをこれ幸いと不倫する妻も多い。だがなかには用意周到な妻もいる。

「夫が家にいるときは着信音をオフにして、電源を切る。彼との写真も消去するし、スマホのパスコードは分かりにくく設定して定期的に変更します。彼に大事な用件を伝える際は、ラインではなく、夫がいないときに直接電話する。彼の電話番号は女友達の名前で登録していますが、通話履歴もすぐに消去しますね」

 という念の入れようだ。

 それでも、妻の不倫がバレることはある。まさに夫婦の正念場といえるだろう。

 埼玉県在住で金融機関に勤務する柿崎さん(50)=仮名=は、妻で公務員の恵美さん(49)=仮名=の帰宅が遅いことが気になっていた。土曜日出勤も続き、アルコールの匂いをぷんぷんさせて帰宅するので問い詰めた。すると、「異動先で仕事が溜まっている」「新しい同僚との親睦を兼ねて、土曜は仕事帰りに飲んでいる」との返事だった。

「そのときは納得しましたが、以降も遅い帰宅が続いて、化粧っ気のなかった妻が念入りに化粧をするようになった。これはおかしいと思って、妻が風呂に入っているすきにスマホを覗いたんです。そうしたら、ある男性とのラインのやりとりを発見した。そこには、まるでエロ小説まがいの表現や、ピンクのハートマーク、絵文字が溢れていました。思わずかっとなって妻を問い詰めてしまった」

 すると、妻は逆ギレして不倫を“認めた”という。

 相手は同窓会で一緒に幹事を担った会社員。ラインで打ち合わせをするうちに、いつの間にか意気投合してしまったという。

「“毎日が恋愛気分”という妻に、“オバサンのくせにどの面下げて言えるんだ”と怒鳴ったら、妻も言い返してきて大げんかになりました」

 お見合い結婚から20年。高校生の長男に、中学生の長女の1男1女に恵まれ、妻の両親と同居する“マスオさん”だった柿崎さんは、結婚後、初めて妻に歯向かったという。だが、妻も負けていなかった。

「自分の不倫を棚に上げて、私のキャンプの趣味をけなし始めました。“あなたがキャンプにお金をかけすぎるから、子供たちの教育費は私が払った”と文句を言う始末です」

 夜が更けてもけんかは続いたが、最後は妻の年老いた両親が止めに入ったそうだ。怒りが収まらない柿崎さんは、その日から予定通り1週間のキャンプに出掛けた。そして、自宅に戻らないまま職場に着くと、妻からの郵便物が届いていたという。開封すると、そこには離婚届が入っていた。

「不倫した妻が悪いのに“なぜだ!”と怒りが増して、そのまま離婚に応じてしまいました……」

 離婚から3年。柿崎さんはいまだに子供たちと会えていない。

次ページ:年下の「王子様」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]