乙武洋匡氏、面会交流を求めるも“決裂”の理由 元家族の苦しみとは

エンタメ 週刊新潮 2020年9月3日号掲載

  • ブックマーク

 不況、自然災害、疫病の流行……。社会が不安定になる時、そのしわ寄せを最も受けるのはいつの世も「弱者」と決まっている。

 それは出口の見えないコロナ禍においても変わらない。一斉休校に分散登校、そして短縮授業を強いられ、人間の基礎作りの大事な時期に教育の機会を奪われている子どもたち。多くの人が閉塞感に苛まれているこのコロナ時代は、大人以上にいたいけな子どもにとって困難な時と言える。
...

記事全文を読む