交際相手と共謀して元夫を殺害した“カバコ” 自称「多重人格」と「ホラ」で裁判は混乱

国内 社会 2020年10月10日掲載

  • ブックマーク

「知らない男が家に来て…。家族の意識はありません」

 こんな119番通報が寄せられたのは、昨年3月9日夜のことだ。下谷署の捜査員が現場となった東京都台東区のマンション居室に駆けつけると、住人の須藤大さん(52=当時)が亡くなっていた。...

記事全文を読む