「正代」は熊本出身で58年ぶりの大関昇進 横綱や大関になぜ九州出身者が少ない?

スポーツ 2020年10月12日掲載

  • ブックマーク

 9月30日、秋場所で初優勝した正代(28)が大関に昇進した。時津風部屋で行われた伝達式では、「至誠一貫の精神で相撲道に邁進して参ります」と口上を述べた。熊本県出身の力士が優勝したのは、現行制度となった1909年以来、初めて。大関が誕生したのも1962年の栃光以来、58年ぶりのことだという。

 ***...

記事全文を読む