女将対決、「相棒」出演の森口瑤子の前に立ちはだかる「半沢直樹」井川遥の壁

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

勝敗は明らか!?

 テレビ朝日の人気ドラマ「相棒」は公式ツイッターを8月26日に更新、公式サイトと合わせて、10月から新シリーズが始まり、森口瑤子(54)が「小料理屋の美人女将」役で新しくレギュラー陣に加わることを発表した。

 一体、森口が演じるのは、どんな役なのか、公式サイトから引用させていただく。

《前シーズンの最終話、テレビ朝日開局60周年記念 最終回スペシャル「ディープフェイク・エクスペリメント」に登場した、森口瑤子演じる小出茉梨。元は赤坂の芸者・小手鞠として、内閣官房長官や各界著名人からひいきにされていた茉梨でしたが、同作ラストには家庭料理店“こてまり”の女将として右京たちの前に現れ、視聴者を驚かせました》

《芸者時代から“華麗な人脈”を持つ茉梨が、今後どのように右京たちと関わり、どんな影響を及ぼしていくのか、シーズンを通して目が離せない存在になりそうです》

 民放キー局で番組制作に携わり、テレビドラマの撮影経験も豊富な関係者は「なかなか、いいキャスティングではないでしょうか」と指摘する。

「『相棒』の女将役と言えば、呪われた役として知られています。初代が高樹沙耶さん(57)で、2000年から11年まで出演しました。ところが16年5月の参院選に出馬して落選、10月に大麻取締法違反(所持)で現行犯逮捕されてしまいます。2代目が鈴木杏樹さん(50)で、06年と08年の出演を経て、12年から女将役としてレギュラー出演。19年に“卒業”すると、20年に不倫が報じられました。この2人の後を継ぐのですから、芸能マスコミの注目を集めてしまいます。出演を躊躇してもおかしくないのですが、森口さんは賢明な選択をしたと思います」

共通点も多い2人

 森口は1983年に芸能界デビューを果たした。美人女優として多くの映画やテレビドラマに出演したが、誰もが認める“代表作”には巡りあえていない。

「新型コロナの影響で、舞台や映画の制作が少なくなっていました。大幅な収入減に直面している俳優もいます。森口さんは女将役を引き受けて芸能メディアにあれこれ書かれるデメリットと、人気ドラマのレギュラーを勝ち取ったというメリットを比較し、『相棒』に出演することにしたということでしょう」(同)

 ところが、森口にとっては誤算があった。コロナ対策で「半沢直樹」(TBS系列・日・21:00)の放送開始が遅れたため、井川遥(44)が演じる女将と“対決”を余儀なくされてしまったのだ。

「半沢直樹」と言えば高視聴率に湧き、井川も非常に評判がいい。まずは森口と井川のキャリアを比較してみよう。

なかなか好対照の2人と言えるのではないだろうか。

次ページ:今は井川が有利

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]