元世界王者が語る「ルービックキューブ40周年」 コロナ禍で訪れた“第3次ブーム”

エンタメ 2020年8月21日掲載

  • ブックマーク

 立体パズル「ルービックキューブ」が、今年で発売40周年を迎えた。8月末には「40周年記念メタリックルービックキューブ」も発売されるという。かつての大ブームを知る50代前後の方は、まだあったのか!と思うかもしれない。ところがどっこい、ルービックキューブは今、発売当初に次ぐ勢いで売れているという。

 ***

 ルービックキューブは、ハンガリーの発明家、彫刻家、建築家であるエルノー・ルービック氏が開発した立方体のパズルである。6面はそれぞれ色分けされ、面ごとに3×3の9マスに分けられている。それらを縦横に回転させることで、各色が入り混じり、それをまた戻す、というのが基本の遊び方だ。1977年にハンガリーで「マジックキューブ」の名で発売され、80年より世界展開に当たり「ルービックキューブ」に変更されたという。日本では同年7月25日にツクダオリジナルから発売された。累計出荷数は1400万個を突破している。現在の発売元である、メガハウスに聞いた。

メガハウス:80年2月にニューヨーク開催されたトイショーで、ツクダオリジナルの和久井威専務が初めてルービックキューブを目にしたそうです。その場で、15万個の販売権を契約したそうです。

次ページ:バッタモンは日本製だった

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]