風俗業界から引退した女性の告白…「ひととき詐欺」に遭った、違法行為への誘惑

国内 社会

  • ブックマーク

どうしてもお金が欲しかった。別に何かに使う予定はなかったんですけど

 新型コロナ感染拡大の影響で勝ち組と負け組の格差が著しく拡大した風俗業界。コロナ前と変わらぬ売上を維持する女性がいる一方、開店から閉店まで待機しても客が付かない女性もいるというありさまとなった。風俗で稼げなくなった一部の女性は、新しい仕事を求め引退。しかし、いわゆる夜の仕事から別の仕事へはなかなかうまく順応できないようだ。騙されたり違法な行為に手を染めそうになったりと、更なる困窮に追い込まれるケースが散見される。彼女たちは現在、どのような暮らしを送っているのか。当人たちに話を聞いた。

 ***

「『ひととき融資』に騙されました……」とAさんは力なく笑った。「ひととき融資」とは、性的な関係を対価に金銭を貸し付けるもので昨年逮捕者が出たことで一時話題となった。その際、いたる媒体で「契約は無効」とアナウンスされたがインターネット上ではまだ募集や応募があるようだ。

 30代前半のAさんは新型コロナの流行で風俗店に在籍しても仕事がないことから、前職の介護職に復帰。手取りはおよそ15万円だという。一人暮らしのため生活できなくはないが、貯金は皆無。コロナ前は20代半ばと称して風俗店に在籍し、指名ランキング上位の常連だった彼女にとって、金銭的な余裕がないというのは尋常でないストレスだったと振り返る。

 そんな時、偶然目に留まったのがSNS上にある「ひととき融資」の募集だった。検索すると全国各地で募集をしている。そこで自分の地元で募集している男性を見つけた。Aさんがコンタクトを取ると即座に返信。10万円の融資の条件は性行為とその撮影だった。

1万円札は2枚だけで残りは1万円のサイズに切ったコピー用紙

「風俗で働いていたのですから、撮影されることのリスクは考えました。でも、どうしてもお金が欲しかったんですよね。別にそのお金を何かに使う予定はなかったんですけど」(Aさん)

 指定されたホテルで相手の男と会い、免許証のコピーを渡して借用書にサイン。融資金の10万円は封筒に入れてあり、テーブルの上に置いてあった。性交渉を終え、Aさんは封筒を自身のバッグに入れ男とはホテル前で別れた。

 自宅に戻り、封筒を開けると1万円札は2枚だけで残りは1万円のサイズに切ったコピー用紙。連絡先に電話してもメールしてもなしのつぶてだった。撮影された動画が流出していないか不安になり、毎日のようにアダルトサイトを巡回して自分に似た動画が出てくる度に恐怖心で胸が締め付けられているという。
 Aさんは「お金がないストレスで、あの時の自分はどうにかしていたんでしょうね。警察に相談しようとも思いましたが、個人情報を相手に握られていると思うと報復が怖い」と話した。

 シングルマザーのBさん(30代半ば)は風俗から足を洗い、コンビニなどでアルバイトをしながら小学校1年生になる長女と二人暮らし。コロナ前にSNSなどでつながった常連と会い金銭のやり取りをしている。

 そのうちの一人に寝物語で生活が苦しいと愚痴をこぼしたところ、常連客から「子供が好きな知人がいる。自分を介して娘の動画を撮れば最低でも5万円はあげられる」と言われた。もちろん児童ポルノ禁止法に抵触する犯罪行為だ。

 風俗店で働いていた時なら鼻で笑って黙殺しただろうが、最低時給が千円を下回る地方でパート暮らしをする現在は月収が十数万円。家賃は安くても近所のスーパーへ行くにも乗用車は必須で、諸々の経費はかかり二人が暮らしていくには楽でない。

次ページ:「もしもお金に困ったら、その時には」と…

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]