地方の風俗はどう変わったか? コロナ前・最中・後とで…現場リポート

国内 社会 2020年7月6日掲載

  • ブックマーク

都市部の出稼ぎや休業中のキャバ嬢が地方へ大移動

 地方は都市部とは異なり、コロナ禍でも出張客の減少など多少の影響はあってもそれなりに風俗の需要はあった。そのため出稼ぎ風俗嬢などが殺到したが、4月7日の緊急事態宣言の発令で状況は一変、客足は途絶え供給過剰に。店は目先の利益に狂奔する一方で、梅毒の感染者も続出し、地方の風俗は崩壊寸前とも言われている。4月15日以降、感染者がゼロの秋田県を例に地方風俗の現状を追った。

 ***...

記事全文を読む