「中国発コロナ禍」を16年前から警告! 米大統領に届けられた「予言の書」

国際

  • ブックマーク

 この警告が生かされていたなら……。そんな溜息が聞こえてきそうである。実は、今から16年前、米情報機関が「2020年に感染症の世界的大流行が起こる」と予測していたというのだ。当時、報告書をまとめた人物に、ジャーナリストの徳本栄一郎氏が取材した。

 新型コロナウイルスは今や、人類にとって第2次大戦以来、最大の危機となった。

 昨年末に中国湖北省の武漢で発生した原因不明の肺炎は、わずか数カ月で世界に広がり、感染者は765万人以上、死者も42万人を超えた。(6月13日時点)各国は相次いでロックダウン(都市封鎖)に追い込まれ、1930年代の大恐慌の再来も囁かれる。日本でも今後、企業の倒産や大量失業、自殺者の急増すら予想され、まさに歴史を変えたウイルスとして語り継がれるのは間違いない。

 この現実を前にして最近よく、「想定外」という言葉を耳にする。まさか、こんな事態が襲うとは政治家や官僚、実業家、誰も予見できなかった。ウイルスが消えるのを祈って待つしかないというのだが、本当にそうだろうか。

 古代ローマの政治家で哲学者でもあったキケロは、「やがて起きる出来事は事前に影を落としている」との言葉を遺した。突然降りかかったかに見える災禍も、じつはそこへ至る導火線が存在する。そして、ごく一部の人間はそれに気づき、繰り返し警告を発してきた。

 今から16年前の2004年暮れ、ワシントンのホワイトハウスに提出された報告書も、そうした一つだったと言える。

 作成したのは米情報機関コミュニティの中のNIC(国家情報会議)で、分厚い文書の表紙に「世界の未来図を描く」とある。西暦2020年の国際情勢を予測したもので、そこに「パンデミック」、感染症の世界的大流行という記述があった。

「大規模な世界的紛争を除いては、グローバル化を止めてしまう大きな出来事にパンデミックが考えられる」

「かつて1918年から19年に世界中で2千万の死者を出したとされるインフルエンザ(筆者注・スペイン風邪)同様、一部の専門家は、新たな大流行が起きるのは時間の問題としている」

「主要国で数百万の死者が発生し、感染拡大で世界中の貿易や人の移動が止まれば、グローバル化は危機に瀕する。各国の政府も医療分野に莫大な資金投入を迫られるだろう」

 まさに今年に入って猛威を振るう新型コロナウイルスの蔓延、16年も前から、その到来を繰り返し警告してきたのがNICのグローバル・トレンド報告だった。

 米国の大統領は通常、毎日、CIA(中央情報局)による国際情勢のブリーフィング文書を受け取る。そこには各地の工作員から送られた安全保障に関わるインテリジェンス、その分析が網羅されるが、それとは別に4年毎、大統領選挙に合わせて中・長期の予測レポートが作られる。

 そして2004年12月、再選を果たしたジョージ・W・ブッシュと政権幹部に届けられたのが「グローバル・トレンド2020」で、それを読むと、彼らがどんな未来図を描いていたかよく分かる。

 当時は東西冷戦の終結から10年余り、米国型資本主義が我が世の春を謳歌していた。今後も国境を越えた人やモノ、資金の移動、グローバル化が加速して世界は一体化、国家の支配を離れた巨大企業も誕生する。また新興国、特に中国が目覚ましい存在感を持ち、「数世紀に亘る衰退を経て、その地位を復活させ」、いずれ世界第2位の経済大国に躍り出るという。

 だが同時に挙げたのは、きっかけがあれば、こうした流れは一気に止まり、逆転してしまうというシナリオだった。

「19世紀後半や20世紀初めのグローバル化が戦争や大恐慌で挫折したのと同じように、今回も失速、場合によって停止してしまう可能性もある」

次ページ:背景にSARS

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]