武漢の研究所に危険な数十種の「コロナ」サンプル:「漏出」を疑う米情報機関 インテリジェンス・ナウ

国内 政治 Foresight 2020年4月24日掲載

  • ブックマーク

「武漢に持ち込んだのは米軍かもしれない」

 中国外務省の副報道局長、趙立堅氏が3月12日にツイッターでささやいたこの文言に、ずっと違和感を覚えていた。

 ツイッターは中国国内では、一般の人は使えない。趙氏は当然、内容も政府の指示ないしは許可を得てアップしたに違いない。

「新型コロナウイルス」の「震源地」を武漢の海鮮市場とする中国当局の公認情報が、関係者らの証言などで揺らいでいるため、中国が反撃に出た形だ。だが、「米国の陰謀」を煽る謀略情報であっても、すぐにバレるような誤った情報は通常、避ける。...

記事全文を読む