コロナで行われる「命の選別」 医療崩壊が始まっている大病院の現実

国内 社会 週刊新潮 2020年4月23日号掲載

  • ブックマーク

「慶應病院」は手術不能!? 大学病院で何が起こっているか なぜ「東京女子医大」「順天堂」は感染者を受け入れないのか

 感染が拡大するにつれ、患者の受け皿となるべき医療現場からの悲鳴は大きくなるばかり。病床、医療機器、さらに医師までもが不足し、大学病院が積極的にコロナ患者を受け入れないという声も漏れ伝わってくる。日本でも「医療崩壊」の4文字が現実味を帯びるなか、「命の選別」という事態は回避できるのか。

 
 ***...

記事全文を読む