田代まさし、まさかの控訴 長男が心境を語る

エンタメ 2020年3月26日号掲載

  • ブックマーク

 目下、芸能人の薬物逮捕回数でトップ争いをする田代まさし(63)。馬鹿につけるクスリはないというが、この男にも、いかなるクスリも効きそうにない。唯一の味方と言える、実の息子の心模様はいかばかりか。

 ***

 まずは覚醒剤による4度目の逮捕を振り返っておきたい。社会部記者によると、

「今月4日の仙台地裁判決は、懲役2年6月の実刑、そのうち6カ月を保護観察付き執行猶予としました。裁判官は、“まだ手を差し伸べてくれる人がいることは財産。その財産を生かして薬物をやめ続けて”と説諭。田代被告は真剣に聞き入っていましたよ」

 ちなみに刑の一部が執行猶予となるのは、

「薬物犯の更生を目的に4年前に導入された制度です。2年服役し、6カ月は、立ち直るために塀の外で更生プログラムなどを受けられるという温情判決です」

 だからこそ、おとなしく受け入れて塀の中で沈思黙考、己と向き合うのではないかと思われた。

 ところが、である。昨年末に保釈され、茨城県内の更生施設で暮らしてきた田代は、3月8日付で判決を不服として控訴したのだ。

「(判決後)このまま刑務所に入るのかと思っていたんですけど……。控訴することも知りませんでした」

 と、田代の長男の竜也さん(36)が言葉少なに語る。むろん、控訴の理由など分からないという。

次ページ:一定の距離感で

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]