崖っ淵の日本ハム「斎藤佑樹」、一軍スタートを“別の意味”で喜ぶ人たち

スポーツ 野球 2020年2月12日掲載

  • ブックマーク

 日本ハム・斎藤佑樹の10年目シーズンが始まった。夏の甲子園、東京六大学を騒がせた“ハンカチ王子”もベテランと呼ばれる年代に突入。今年のキャンプは一軍スタートだった。世間を大きく騒がせてプロ入りしたものの、過去2年間でいずれも0勝に終わっている。プロ入り9年間の成績をみても88試合登板、15勝26敗は寂しい限りだが、なぜか、チーム関係者の期待は大きいようだ。...

記事全文を読む