斎藤佑樹をオープナーで採用… 今年も日ハム「栗山マジック」の“試行錯誤”は続く

スポーツ 野球 2020年1月3日掲載

  • ブックマーク

「驀進」をスローガンに3年ぶりの日本一奪回を目指した日本ハム。2019年シーズンは、7月末に首位・ソフトバンクに0.5ゲーム差まで迫ったものの、8月に5勝20敗1分と大崩れし、一気に最下位転落。最終的に65勝73敗5分の5位と、ファンの期待に応えることができなかった。だが、開幕直後からデータに基づく奇策や新戦術を多用した栗山英樹監督の采配からは、いろいろな手を使って、新しいものを生み出し、現状を打破しようという意気込みが伝わってきた。...

記事全文を読む