逮捕の「秋元司議員」が1年前にVシネマ出演、マル暴刑事役という皮肉

国内 政治 2019年12月26日掲載

  • ブックマーク

恐喝の被告から献金

――「週刊文春」(4月25日号)は「ヤミ金借金1・2億円を東レ社長に取り立てた副大臣」として、環境副大臣だった秋元議員が、ヤミ金の取り立てに手を染めていたという記事を掲載した。

:あの件では逮捕されなかったんだよね。でも今度は逮捕されるのかな。だとすると心配だな。

――秋元議員のことが?

:いや、Vシネマは今、レンタルよりも配信やCS放送で見られることが増えているんですよ。「日本統一」も、それで人気になって続いている。でも、逮捕者が出たということになると、撮り直しも考えなきゃいけないかも……。

――Vシネマも大変なのである。ところで、いくら国会議員が作品のファンだからといって、簡単に出演できるものではないだろう。

:詳しい事情は知らないけど、製作のオールインエンタテインメント代表だった山田さんの紹介だと思う。だって、山田さんは普段は現場になんか全然来ないのに、秋元さんの撮影に時には来たんだから。

――オールインエンターテインメントの山田浩貴元代表は、秋元議員が代表を務める自民党東京都第15選挙区支部に、昨年5月と8月に15万円ずつ、計30万円の寄付をしていた。そして今年7月9日――詳細は「週刊新潮」(12月5日号、12月12日号)に譲るが――、不動産会社社長から1000万円を脅し取ったとして、山田元代表は警視庁組織犯罪対策3課、つまり映画同様、マル暴に恐喝の疑いで逮捕されているのだ。オールインエンターテインメントの現在の代表である人見剛社長に聞いた。

人見:田中は前代表で、現在は全く関係ないのです。しかし、企業として逮捕者を出してしまったことは、反省すべき点があると考えています。

――逮捕されて辞任したのか。

人見:7月の逮捕でしたが、実は6月頭には辞任していたんです。後は若手に任せるということで。

――秋元議員は、山田元代表の紹介で映画に出演したのか。

人見:そうですね、山田が秋元先生と個人的に仲がよいことから出演に繋がったと聞いています。

――会社名で献金していたことは。

人見:後になって知りました。

――山田氏と一緒に逮捕された、御社の顧問・松浦正親氏と、秋元議員は仲がよかったと聞くが。

人見:その顧問にも、困っていたんです。給与を払っていたわけでもありませんし、勝手に顧問を名乗っていたんだと思います。松浦氏と秋元先生のお付き合いはわかりません。

――俳優・秋元議員にギャラは出ているのだろうか。

人見:いくら何でもそれはないですよ。

――秋元議員が自社の映画に出演していることを知ったのはいつか。

人見:撮影時は知りませんでした。でも完パケを見ているときに、「あれ、この人は初めて見るけど、プロではないな」と思いました。役者さんの演技とは違いますからね。それで、エンドロールを見ると、現役の国会議員じゃないかと。面白い人もいるもんだな、変わった人だなと思ってました。

 確かに、お付き合いも幅広い、変わった国会議員である。だが、彼もまた“魔の2回生”の1人であることを考えれば……。はたして彼の迷演技は、いつまで配信で見ることができるだろうか。

週刊新潮WEB取材班

前へ 1 2 3 次へ

[3/3ページ]