元彼が“私と結婚しなかった理由”からわかった「選ばれる女」「選ばれない女」の決定的違い

社会 2019年11月7日掲載

  • ブックマーク

 私は30歳までに結婚ができなかった。

「行き遅れたね」とも「30歳まで、なんてそんな時代じゃない」とも言われた。

 私の中にも「結婚してまともな人だと思われたい」気持ちと「自分を変えてまで結婚してたまるか」の気持ちがお互いを刺激し合わないように同居している。

 なぜ結婚するのか、について深く考察している人や書籍はたくさんある。なぜ結婚しないのか、堂々と信念を持っている人も増えてきた。

 でも私はそのどちらの立ち位置でもない。自分にとって「結婚」が本当はどういうものか、よくわかっていないからだ。

 その理由はおそらく、真剣に結婚について考えてこなかったからだと思う。
 
 ***

「モトカレマニア」とはおさらばだ!

「いつか自然に結婚したいと思える人が登場して、いつか自然にあっちにもそう思われて、いつか自然に結婚というのはできるのだ」と思っていた。

 友人たちにいくら「結婚は外堀から埋めなきゃ!」とか「既成事実を」とか言われても、「いやいや、そんなんで結婚してもホンモノじゃないし、ていうかそこまでするほどは結婚したくないし」と取り合わなかった。

 その結果がこれだ。結局私は「本当に結婚がしたいのか、したくないのか」もよくわからないまま、ただ「結婚できなかった」という事実だけを背負って30代に突入した。

 今一度、結婚と真剣に向き合いたい。

 私はなぜ結婚したいのか。親のため? 世間体? 実は白馬の王子様をまだ信じてる?

 私はなぜ結婚したくないのか。自由? キャリア? そもそも性格の問題?

 女性と結婚。この、いつの時代にも付きまとうテーマについて

「私、結婚についてはこう考えています!」

 そう自信を持って言えるようになるべく、様々な角度から見つめ直していきたい。

 今回は、「私の何がいけなかったのか」を検証すべく、20代の頃に付き合っていた元彼に「なぜ私と結婚しなかったのか」インタビューした。交際時には知ることのなかった衝撃の本音も飛び出しつつ、予想外に学び多き展開になった。

 人気漫画『モトカレマニア』がドラマ化され人気を博している真っ只中ではあるが、結婚したい女性諸君! 元彼に聞いていいのは「復縁の可能性」じゃなく「どこがいけなかった」だ! これ、めちゃくちゃ勉強になったよ〜。

次ページ:はなから遊び、結婚する気なんて入り口から「ナシ」

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]