木村拓哉、新ドラマでシェフ役 これまで演じた職業は23 ベスト&ワースト3を発表

エンタメ 芸能 2019年10月6日掲載

  • ブックマーク

なぜ“職業”が宣伝されるのか?

 TBSは10月20日、「日曜劇場」(日曜・21:00)の枠で、ドラマ「グランメゾン東京」を放映する。主演は木村拓哉(46)。演じる役は、“型破りだが才能溢れるフランス料理のシェフ”だという。

 ***

 まだ放送予定日まで時間があるが、もう番宣CMなどがオンエアされている。キムタクと「日曜劇場」の相性は悪くない。視聴率の記録を樹立したこともあった。TBSも気合いが入っているだろう。

 視聴率の記録を達成したのは、2000年に放送された「Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜」だった。平均視聴率は32・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)。最終回の瞬間最高視聴率は41・3%を記録した。

 この41・3%という視聴率は長らく、「平成の民放ドラマの視聴率・第1位」だった。ちなみに、それを破ったのも「日曜劇場」のドラマ。13年の「半沢直樹」で最終回の視聴率が42・2%に達したのだ。

 TBSの意気込みは、「東京グランメゾン」のキャスティングでも一目瞭然だ。看板の「日曜劇場」らしい、豪華なものになっている。

 共演には鈴木京香(51)とKis-My-Ft2の玉森裕太(29)を配し、幅広い年齢層にアピールする構えだ。さらに中村アン(32)、及川光博(49)、沢村一樹(52)という人気助演陣が脇を固める。また「日曜劇場」が得意とする“歌舞伎役者枠”には今回、尾上菊之助(42)を選んだ。

 もう公式サイトも用意されている。例えば「はじめに ABOUT」では、以下のような宣伝文句が並ぶ。ポイントを列挙する形で、ご紹介しよう。

《木村拓哉が令和最初に挑むのは、型破りなフランス料理シェフ!!》

《慢心からすべてを失ったカリスマシェフは世界最高の三つ星レストランを目指し、再び立ち上がる》

《(註:木村は)これまで多くの職業の人物を演じ、社会現象を巻き起こしてきたことからも平成を代表する存在であるといっても過言ではない》

 職業に焦点が当たっているのは明白だろう。ファンならお分かりだろうが、“キムタクドラマ”の宣伝では、これまでに何度も繰り返されてきた手法だ。

 例えば18年、木村は「BG〜身辺警護人〜」(テレビ朝日系列)で主演を務めた。ドラマの制作を報じたサンスポは、見出しを「キムタク初ボディーガード役!『ドクターX』後継、高視聴率も守るぞ」(17年10月2日)とし、職業を強調した。

 また記事でも《検事、パイロット、外科医-。さまざまな職業を演じる度に社会現象を起こしてきたキムタクが、今度はボディーガードとなって体を張る》と紹介した。

 木村が新ドラマでどんな職業人を演じるのかは、大げさに言えば“ニューズバリュー”があるようなのだ。そこで、これまで木村がどのような“プロ”を演じてきたのか、表にまとめた。最初は92年から2000年、新人時代の頃だ。

次ページ:「若者のすべて」はラーメン屋店員

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]