お小遣い月3万円、専業主婦妻の実家のそばに家を建てた31歳イクメンサラリーマンの思考回路

  • ブックマーク

 ごく一般的な、私(1987年生まれ)と同年代の男性は何を考えているのか。この謎を解くべく、前回は男子校出身でありながら現在はフェミニズム系の本を手掛けている編集者を取材した。しかし、彼の場合は私と同じメディア業界の人でもあり、世間のサラリーマンとは少しかけ離れている部分もあるかもしれない。

 ということで今回は、建設会社に勤める寺山裕也さん(31歳・仮名)に話を聞いた。寺山さんは主に図面を描き、建設現場に出て図面を見ながら職人さんに指示を出す仕事をしている。この日は現場帰りに取材に協力してくれた。

 ***

情緒不安定気味の女性に好かれがち

 寺山さんは3年前に結婚。友人の結婚式の二次会で知り合った女性の顔が好みで交際。結婚へ至った。映画やマンガなどでは結婚式の二次会で出会って交際というパターンは鉄板だが、現実にもあり得るようだ。今は2歳になる娘もいる。そしてつい最近、家を建てたばかりだという。

「職業柄、自分で図面を描いて理想を詰め込んだ家が建ったので、すごく快適に暮らしています。建設中は週に1度は自分の家の出来具合を見に行って『そこ、床暖の位置違う!』など細かく指示していたので、請け負った職人さんたちは気を抜けなかったと思います(笑)」

 同い年で既に家を購入していることにちょっとした衝撃を受けたが、たいていの場合住宅ローンは35年なので、若いうちに購入しておいたほうが老後は安心だ。そして、結婚をして子どもももうけて家も建てて、という、一昔前の多くの日本人が抱いていたであろう「理想の人生」に近いものを感じ取った。

 寺山さんは高校卒業後、理系の大学に進学。理系なので男女比率的に圧倒的に男性が多い上、勉強で忙しかった。たまに休みができると輩仲間(男性同士の仲間)で海やスノボに出かけた。基本的に女っ気はなかったものの、バイト先では彼女ができた。

 寺山さんは物腰が柔らかく優しい雰囲気をまとっている。そのためか、少し情緒不安定気味の女性に好かれることが多いようだ。社会人になってすぐの頃交際していた彼女は、リーマンショックの影響で就職ができずフリーターで、その不安を寺山さんにぶつけることもあった。

「突然不機嫌になるんです。それで、『私がなぜ怒っているか考えて』と言われ、一晩中電話をしながら考えても全く分からない。分からないまま朝を迎え、寝ていない状態で仕事に行く日が何度もあってつらかったです。それからしばらくして彼女は就職できたのですが、破局もしました」

 女性が突然不機嫌になる。これは多くの男性が疑問を持つ課題であるが、女性側は突然不機嫌になっているわけではない。ちょいちょい不満のサインを発しているものの、それを男性が汲み取れておらず、積もりに積もったものが爆発してしまうパターンが多いのではないだろうか。こういうとき、激しく言い合いにならず、真面目に一晩考えてしまうところが、彼の優しさでもあり、女性を余計苛立たせてしまう要因なのかもしれない。

次ページ:デート代は男性側が全額負担

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]