「結婚して墓の近くに戻ってこい」親への罪悪感に悩まされ続けた33歳一人っ子男性の半生

姫野桂 「普通の女子」になれなかった私へ 社会 2020年1月3日掲載

  • ブックマーク

 私は一人っ子だ。両親曰く、当初の家族計画では子どもは2人の予定だったのが、今でいう妊活に苦労し、数回の流産を経て結婚10年目にしてようやく私が生まれた。だから、一戸建ての実家の子供部屋は、2人分を想定して少し広めだ。

 ***
...

記事全文を読む