「金髪」にしたら男性からの迷惑行為が激減した件

姫野桂 「普通の女子」になれなかった私へ 国内 社会 2019年12月13日掲載

  • ブックマーク

 この1年間、毎月髪の毛をブリーチして金髪で過ごしていた。それまでは髪の毛の内側だけ自分のラッキカラーである緑を入れるインナーカラーを施していた。地毛にカラフルな色味は入らないので、一度インナーカラーを入れたい部分だけブリーチして白に近い金髪にし、そこからカラーリング剤を入れるのが一般的なやり方だ。ブリーチも、美容師さんから「一気に抜くと髪が痛むから」と、1回につき2度までのブリーチを推奨され、毎月少しずつ抜いていった。幸い、私は髪質が強いようで、ブリーチすることで切れ毛が発生することはあまりなかった。...

記事全文を読む