「世界一うまい羊肉はイラク産だ」と戦場ジャーナリストが語る理由

食・暮らし2019年8月27日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 羊肉がブームだ。かつての一部のマニア向けとは違い、今やスーパーでも普通に売られるようになった。羊肉を看板に掲げるレストランも多く、レシピ本も刊行されるなど「羊食い」にはたまらない状況だろう。

 もっとも、「松阪牛」「神戸牛」等がブランドになっている牛肉、「黒豚」「アグー豚」等がブランドになっている豚肉と比べると、「どの羊肉が美味いのか」といったところまで関心は深まっていない。が、当然ながら羊肉にもやはり、うまい、まずいがある。

 かつて世界を股にかけて取材をしていたジャーナリストの松本仁一氏は、「イラク戦争の時に現地で食べた羊肉こそ世界一だった」と語っている。...

記事全文を読む