田口淳之介と小嶺麗奈「高濃度大麻」耽溺の日々と近隣住民が語った「ペット愛」

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

〈その女をもらったがために、仕事の関係の人たちが寄りつかなくなっちゃうわけですよ。だから、「男の運を落とすのは、女」なんだよ〉

『鬼平犯科帳』や『剣客商売』で知られる作家・池波正太郎は、処世の知恵を説いたエッセイ集『男の作法』にこう綴っている。

 目下、世情を騒がせているこのカップルは、まさしく「女」が男の運を落とした典型例と呼べるかもしれない。

 KAT-TUNの元メンバー・田口淳之介(33)と、内縁の妻で女優の小嶺麗奈(こみねれな)(38)が、大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕されたのは5月22日のことだ。

 捜査に当たったのは関東信越厚生局麻薬取締部。今年3月にピエール瀧を逮捕した通称「マトリ」である。

 捜査関係者によれば、

「ふたりの住む世田谷区内のマンションに捜査員が踏み込んだのは逮捕当日の朝でした。室内には隠す様子もなく無造作に乾燥大麻が置かれていた。さらに、大麻を細かく粉砕する“グラインダー”という器具や、吸引する際に用いる巻紙も押収されています」

 発見された大麻は若干量だったものの、常習性を疑うのに十分な証拠が揃っていた。

 大麻を小分けにするための「秤」は発見されておらず、密売に手を染めていたとは考えづらいが、

「彼らが使用していたのは大麻の“リーフ(葉)”ではなく“バッズ(花穂)”。バッズは大麻草のなかでも幻覚成分を最も多く含んでいる部位で、その効き目はリーフの3~4倍近い」(同)

 マトリは2016年に元女優の高樹沙耶を逮捕しているが、その際に押収した大麻もほとんどがバッズだった。

 田口は内縁関係にある年上女優と「高濃度大麻」に耽溺する日々を送っていたワケである。

次ページ:“ペット可”物件での同棲

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]