加藤紗里「貢ぐ君」が5人いてもカジノ旅行で「3400万円詐欺被害」

芸能週刊新潮 2019年4月4日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 いつも名前が取り沙汰されるのは男絡み。お笑い芸人・狩野英孝に二股をかけられていたことをきっかけに、一躍、有名タレントの仲間入りをしたのが加藤紗里(28)である。現在、彼女には「貢ぐ君」が5人いるそうだが、実は、そのうちの一人とカジノ旅行に出掛け、3400万円の詐欺被害に巻き込まれていたのだ。

 狩野の「二股騒動」から「炎上タレント」として持て囃されるようになった加藤は一時、バラエティ番組に出ずっぱり状態。しかし、現在はやや賞味期限切れか、レギュラー番組は地元広島のラジオ局での深夜番組のみ。挙げ句、仕事よりも男にのめり込んでいるようである。

「人生は男しかないと思っていますから」

 と語るのは、加藤その人である。

「私は和製パリス・ヒルトンを目指していて、いま交際している相手は5人。その男たちが貢いでくれて、月に100万円くらいのお小遣いをもらったりしています」

 東京・六本木で焼肉店やバーをプロデュースし、ラッパーでもあるTOMORO(32)も、5人の交際相手のうちの一人。3月5日から16日まで、2人でカジノ旅行に出かけたという。

 加藤に続いて、TOMOROが話す。

「知人の紹介で紗里と交際するようになって2カ月です。彼女以上の女はいませんから、いまは5人のうちの一人でも構わない。僕がカジノ好きで彼女を誘ったのです。最初はベトナムのダナンにあるカジノに行った。日本から元手に1千万円を持っていき、200万円くらい勝ちました」

次ページ:全員がニセモノ

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]