「Qちゃん」「野口みずき」が懐かしい…女子マラソン不振の深層

スポーツ週刊新潮 2019年3月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 設楽(したら)悠太(27)、大迫傑(すぐる)(27)と日本記録更新が相次ぎ活況を呈する男子マラソン界。一方で、“Qちゃん”こと高橋尚子や野口みずきが一時代を築いた女子マラソンは沈滞している。

 東京五輪代表選考レース「MGC」の出場権をかけた最後の大会「名古屋ウィメンズマラソン」が3月10日に開催された。今レースでリオ五輪代表・福士加代子(36)ら5人が駆け込みで“合格”したが、出場有資格者は計14人。30人が資格を得ている男子と比べると寂しい限りだ。...

記事全文を読む