東京マラソン日本人1位「メガネが曇って見えない」中大堀尾クンに癒される

スポーツ週刊新潮 2019年3月14日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 マラソン選手は、変人ほど大成するのだろうか。

 たとえば、公務員ランナー、川内優輝(32)。毎週のようにフルマラソンに出走する“変態”だ。昨年の東京マラソンで日本最高記録をマークした設楽(したら)悠太(27)は、マラソン選手なのに野菜嫌いで、スナック菓子とコーラをこよなく愛する。昨年のアジア大会覇者、井上大仁(ひろと)(26)の趣味は“折り紙”だが、その出来映えはもはや芸術の域に達する。...

記事全文を読む