米バスケ有望選手を襲ったナイキシューズ“ぱっくり事件” 犯人はメイド・イン・ベトナム

スポーツ

  • ブックマーク

 いくら弘法でも、筆がぽっきり折れてはどうしようもない。“マイケル・ジョーダン以来の逸材”と謳われたデューク大のザイオン・ウィリアムソン選手(18)を襲った悲劇は、まさにそんな事態だった。靴底が剥がれたナイキ製のバスケットシューズは「PG 2.5」なるモデルだという。

 ***

 事故が起きたのは、現地時間2月20日に米国ダーラムで開催されたデューク大vs.ノースカロライナ大の試合だった。開始早々、ドリブルで相手ゴールに向かったウィリアムソン選手だったが、敵をかわそうとした瞬間に、左足が滑ったような動きを見せる。と、そのままその場に座りこんでしまい、顔には苦痛の色が。足元には小指側から靴底が裂けたバスケットシューズがぶらさがる……。ウィリアムソン選手は膝の負傷でそのまま戦線離脱。チームは88-72で敗れてもいる。

 日本でも大きく報じられたニュースだが、本場である海の向こうではその比でなかった。事故を受けての株価下落で、ナイキは時価総額約1200億円を失った。そんなこともあって、スポーツメディアはもちろんのこと、経済メディアまでもがこの事故を扱ったという。

「日本でいえば、将来を有望視された高校球児が甲子園で肩を壊した、といったところでしょうか。今回の試合のチケットはスーパーボウル並みの高額で取引されており、いわゆる転売価格は安くても3千ドル(およそ33万円)台、良い席では6~7千ドルにも跳ね上がっていたと報じられています。オバマ元大統領も観戦に訪れた話題性、そして何よりウィリアムソン選手の人気によるものでしょう。インスタグラムのフォロワー数は250万人と、すでに多くのNBAプロ選手を超えていますから」(北米在住ライターの関陽子氏)

 ウィリアムソン選手については、冒頭でご紹介した“ジョーダン以来の逸材”ほか、「キング」こと“レブロン・ジェームズ2世”なんてあだ名もつけられているそう。身長201センチ、体重は129キロ。NBAのドラフト1位は確実視される存在だった。

 将来が悲観されるレベルの怪我ではないというが、23日、26日に予定されていた試合も欠場し、いまだ復帰のめどは立っていない。ちょっとありえないレベルで壊れたナイキの靴は、どんなものだったのか。

次ページ:3試合連続で同じ靴

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]