ニュースに映って不倫がばれた「平成最後の福男」 お相手女性が明かす“なれそめ”

国内 社会

  • ブックマーク

“サッティー”

「『めざましテレビ』を見ていて、『福男』が出てきた瞬間“どういうこと?”とわけがわからなくなりました」

 と振り返るのは、そのツイートをした女性ご本人。小柄で女優の志田未来に似た、丸く大きな目が特徴の24歳である。

「だって私、彼と2カ月前に出会って、関係を持ち、付き合ってほしいって言われて、結構その気になっていたんです。でも、彼とテレビの中の福男は顔と名前は一致してますが、経歴が違う。24歳で警官だと言っていたのが、22歳、消防士と紹介されていた。それはともかく、インタビューが進んで“2カ月前に子どもが生まれた”と話しているのを聞いて衝撃でした。まさか既婚者だとは夢にも思っていなかったので、怒りや悲しみよりも、とにかく信じられない、という気持ちでした」

 ネットを見ると、「福男さんと写真を撮ってもらいました!」などのツイートが。彼が日本でただ一人の「福男」としてチヤホヤされている。騙された……怒りに震えるあまり、ツイッターで暴露してしまったのだ。

 女性によれば、コトの顛末は以下の通り。

 福男氏と出会ったのは、昨年の11月末。夜、友達2名と、広島市内の「相席屋」を訪れたところ、そこに2名で来店していた“彼”と意気投合。2次会のカラオケへと流れた。

「自己紹介の時、彼は“24歳。広島の出身だけど、東京に住んでいて、休みで帰省している”と言っていました。仕事は“特殊部隊に勤めている”と。友達が“特殊部隊って、SATみたいなもの?”と聞くと、“そう、そんな感じ”って。だから、彼のことを“サッティー”と呼びました。私に気がある素振りも見せてました。“東京に住んどるし彼女絶対おるじゃろ?”と聞きましたけど、“おらん!”ってはっきり何度も言ってました」

 カラオケでは、福男氏が、一気飲みゲームを提案。

「これで、みんな飲み過ぎてしまい、私も酔っぱらってしまった」

 気が付いた時には、友達はみな帰り、二人は市内のネットカフェに。会員登録を終え、ビニールマットの部屋に通されたところまでは記憶にある。時間はもう4時半だ。猛烈な酔いと眠気で記憶は途絶え……。

「朝、起きて何かおかしいなと思ったら、下半身は何にも身に着けていませんでした。上半身は着ていましたけど、ブラのホックが外されていた。下半身も痛かったので、何が起きたのかすぐにわかった。一夜妻にされた……悔しくて絶望的な気持ちになりました」

 警察に行こう……そう思ったが、福男氏、ここでこんな言葉をかけてきたのだという。

次ページ:“SNS はやめてくれ! 頼むけえ!”

前へ 1 2 3 4 次へ

[3/4ページ]