ニュースに映って不倫がばれた「平成最後の福男」 お相手女性が明かす“なれそめ”

社会週刊新潮 2019年1月31日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

ニュースに映って不倫がばれた「平成最後の福男」(1/2)

 正月恒例、兵庫・西宮神社の神事「福男選び」。今年、5千人の中から見事「一番福」に輝いた22歳の消防士は、ニュースで喜色満面の笑みを振りまいていたが……。その後には、テレビに映らないとんだ“不幸”が。「福」が一転、「厄」に変わった平成最後の珍騒動。

 ***

 話に入る前に、まずは、今や年始の恒例行事となった、西宮神社の「福男選び」について説明しておく。

 兵庫県の西宮神社は、日本全国「えべっさん」の総本社。そこで毎年1月10日、午前6時、表の大門が開いた後に、もっとも早く本殿に辿りついた人物は、その年の「一番福」に認定され、一年の「福」をその身に集めるのだという。

 西宮神社の千鳥祐兼(ちどりすけかね)禰宜によれば、

「毎年1月10日を中心に、当社では『十日えびす』という祭りが行われます。10日の0時になると、当社は神門を閉め、居籠(いごも)りに入る。この時間、えびす様が、皆が幸せに暮らしているかを見るために、市中を回るという言い伝えがあるのです。そして6時に祭りが終わると、いち早く本殿にお参りに行く。これが『開門神事』の始まりです」

 江戸時代から続く伝統だが、ここ十数年は完全にワイドショーネタ化。門の前に山のように男が連なり、開門と同時に、本殿まで230メートルを猛ダッシュする姿をご記憶の方も少なくないだろう。

 今年も、5千人のいだてん自慢が集結したが、その「神事」において、見事一番福に選ばれたのが、本件の主人公なのである。

次ページ:〈今朝のテレビでびっくり〉

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]