月の裏側に「中国探査機」着陸 懸念される“領有権”問題

中国週刊新潮 2019年1月17日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 世界中が人類の進歩に熱狂した、アポロ11号の有人月面着陸。コラムニストの山本夏彦は〈何用あって月世界へ〉と、過度な進歩主義に警鐘を鳴らしたが、それから半世紀。中国は、何用あって月世界の裏側へ?

 今月3日、中国の無人探査機「嫦娥(じょうが)4号」が世界で初めて月の裏側に着陸。宇宙開発で後発組の中国が、月において大金星を獲得した報せは、瞬く間に世界中に拡がった。...

記事全文を読む