東京医大裏口入学事件 “複数の政治家が関与”で取り沙汰される名

社会週刊新潮 2019年1月17日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

東京医大裏口をガイドした「赤枝代議士」の言い分(2/2)

 東京医大の裏口入学問題で“複数の政治家”の関与があったことが、第三者委員会の報告書で明かされた。浮上したのは、同大出身で同窓会役員を務める赤枝恒雄元代議士(74)の名。実際、週刊新潮の取材に赤枝氏は「(恣意的に合格者を)選んだって何も悪くない」「寄付金の相場ってのはないけどだいたい1千万(円)」と答える。政治家の関与については「僕しかやってなかったと思うよ」と答えるが……。

 ***...

記事全文を読む