西鉄バスジャック事件 今も被害者に補償という「17歳少年」両親の十字架

社会週刊新潮 2018年12月27日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ゴールデンウィークの日本列島を震撼させた「西鉄バスジャック事件」から、はや19年。当時、17歳だった少年も、すっかり中年の域に達した。しかし、その両親はいまなお十字架を背負い、被害者遺族に賠償金を支払い続けているという。

 ***...

記事全文を読む