和田アキ子のモノマネで人気急上昇中! 「Mr.シャチホコ」が語る“私の履歴書”

芸能 2018年11月30日掲載

  • ブックマーク

「で、君は何をされている人なの?」

 和田アキ子(68)まんまの髪型と声、衣装で、このフレーズが大ウケ。今年、下半期でもっとも注目されている若手モノマネ芸人「Mr.シャチホコ」である。もう間に合わない!と諦めていた「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」(フジテレビ系・11月24日放送)にも出場が叶って、知名度はいよいよ全国区に!

 ところで、あなたは何をされてきた人なの? 本人に聞いてみた。

 ***

Mr.シャチホコ:名古屋生まれのあま市育ち、愛知県出身のMr.シャチホコ、25歳です。
芸歴は4年目で、テレビに出ださせていただけるようになったのは今年9月頃から。ですから、「細かすぎて伝わらないモノマネ」も「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が終わってしまったので、間に合わなかったと諦めていたんです。それが復活して、出演させてもらえました。ありがたかったですよ。

――“シャチホコ”は愛知出身だから?

Mr.シャチホコ:もちろんそれもあります。それと大好きなMr.Childrenから“Mr.”と、彼らのシングル「Tomorrow never knows」の仮タイトルが「金のシャチホコ」だったので、そのシャチホコからもいただいてます。

――いつまで愛知に?

Mr.シャチホコ:高校卒業までですね。小学校の頃から目立ちたがり屋で、お決まりですが、学校の先生のモノマネから始まり、高校生になるとカラオケにも行くようになるので、歌マネもするように。その頃からミスチルの桜井(和寿)さんのマネはやっていて、結構ウケたんです。

次ページ:日体大OB

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]