逃亡「樋田容疑者」が山口県周南市で逮捕、漫画「サイクル野郎」との驚くべき共通点

社会2018年10月1日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 大阪府警富田林署で留置中に逃走し、行方をくらませていた樋田淳也容疑者(30)が9月29日、48日ぶりに逮捕された。しかも、逮捕されたのは富田林からおよそ360キロ離れた山口県周南市の道の駅。樋田は、盗んだ自転車でここまでたどり着いたという。さらに、自転車で日本一周をしているという無職の男(44)と一緒だった。約3週間前に愛媛県内の道の駅で知り合い、「一緒に道の駅で寝泊まりしたり、野宿したりしていた」という。

 なんだか、似たようなストーリーを知ってるような……というお父さんもいるはずだ。事実、SNSにはこの事件について、「サイクル野郎」との書き込みが見られるのである。

 なぜなら、1970年代に大人気だった自転車コミックの金字塔「サイクル野郎」には、日本一周を目指す主人公と脱走犯が旅をする話があったのだ――。

 ***

 1970年代半ばから80年代にかけて、少年マンガ誌には“ドロップハンドル”のスポーツタイプの自転車の広告が必ずといっていいほど掲載されていた。当時はサイクリングブームであり、入門用として74年に販売されたブリヂストンサイクル「ロードマン」(4万9800円)は累計150万台が販売される大ヒット。同社からはより高級志向の「アトランティス」や「ユーラシヤ」も発売され、他社も負けじとミヤタ自転車「エディ・メルクス」「ル・マン」、片倉自転車「グロワール」「シルク」、パナソニック「ラ・スコルサ」、丸石自転車「エンペラー」、丸紅山口「ベニックス」……など続々と自転車が発売されていた。

 そのブームを牽引したのが、71年から79年にかけて「少年キング」に連載された荘司としお(77)の「サイクル野郎」(全37巻・少年画報社)といっても過言ではないだろう。

 高校受験に失敗した東京都江東区の自転車店丸井自転車商会の息子・丸井輪太郎が、近所の寿司店の跡取り息子・矢野陣太郎を伴って、自転車で日本一周をするというもの。もちろんダラダラと走っているだけでは話にならないので、各地での出会いと別れ、トラブルに巻きこまれながらも、成長していく物語だ。当時、これを読んで、いつかは自分も自転車で日本一周を!と真面目に考えていた若者は少なくなかった。

 そして件の話は32巻「爆弾男逃走の巻」から33巻「恐怖の人質の巻」にかけて描かれる。未読の方、あるいは読んだけれど詳細を覚えていないという方のためにも、振り返ってみよう。

次ページ:爆弾魔とサイクリング

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]